抜毛AGAの対策

AGA、男性型脱毛症は基本的に一般的な育毛剤では絶対に治る事はありません。

男性型脱毛症は一種の病気と言え、育毛ローションなどでは根本を解決する事に至らないのです。

男性型脱毛症を治療する為には、ジヒドロテストステロンを抑制すれば良いのですが、残念ながら現在ジヒドロテストステロンを直接攻撃出来る方法は未開発の状態です。

そこで、育毛業界では少し見方を変えて、ジヒドロテストステロンそのものをどうにも出来ないならば、ジヒドロテストステロンを生成させなければ良いのだと考えました。

つまり、ジヒドロテストステロンが生成される以前に叩いてしまおうと言う事です。

そうすれば、仮に生成されてもジヒドロテストステロンの量が少なく、髪の毛に多大な影響を与えるまでには至りません。

では、それに対して有効な方法はあるのでしょうか。

それがプロペシアとフィナステリドです。

専門のクリニックなどにいくと、必ずこの内の1つが処方されます。

元々この2つの薬は前立腺系の疾患治療の為に開発された薬です。

ですが、臨床データ収集の段階でプロペシアは男性ホルモンの抑制に、フィナステリドは5aリダクターゼの働きを阻害する効能があると発見されたのです。

この事によって、新たにこの方向性で臨床実験をしたところ、効果が明確になった為に男性型脱毛症治療に使われる様になったのです。

購入に関しては基本的には医師の処方箋が必要になります。

保険適用外ですので、費用的には継続する必要がある為に決して気軽に使えるものではありません。

そんな人は、個人輸入代理店を通して海外産のジェネリック薬を購入する方法もあります。

この場合、日本で医師に処方される価格から考えるとかなりの格安です。

ただ、デメリットとしては残念ながら、これらの薬には重大な副作用も同時に報告されており、そう言った事の責任は全て自己責任になってしまうと言う事です。

もちろん、薬は効果も副作用も個々人との相性で決まります。

誰もが効果を感じる訳でもなく、誰もが副作用に見舞われる訳ではありません。

臨床実験の結果としては、副作用を感じた人は全体の7%程度です。

だからと言って、副作用がありませんと言う事ではなく、7%の人は確実に副作用が出た事実に注目して欲しいと思います。

少しでも副作用の兆候、副作用とは言わずとも体調の変化が感じられたら、即刻使用を止めましょう。

早く気付いて、早く使用をストップさせれば、副作用が出ても重大な事態を招く事は極めて稀と言えます。

 

薄毛抜毛は何故起きる?薄毛抜毛のメカニズム

この頃、少し抜毛が多いんじゃないか、何故だか判らないが髪の毛のコシやハリが無くなってきた。

他人に最近少し薄くなってきたんじゃない?と指摘されたなど、気付いた人にとってショックな出来事です。

ショック以上に、では一体どうすれば良いのか、何をしたら良いのか、サッパリ判らないものです。

薄毛抜毛に気付いて、何とか対処したいと思う人はまず最初に育毛剤の使用を考えます。

ですが、これまで縁がなかったものですから、調べるしか方法がありません。

しかし、調べてみるとその種類の多さと、高額な事に驚いているのではないでしょうか。

育毛剤は継続して使用し続ける必要があり、費用的に都合が付かなければ中々購入は難しいものです。

高いものだからこそ失敗したくない、1チャンスで効く育毛剤を当てたいと考えるのは人情です。

その為には、自分のハゲのタイプや原因を知らなければなりません。

原因やそのメカニズムを知らないと、ピンポイントで治療することが出来ません。

より確実に選択するには、それを外す事が出来ないのです。

ハゲの原因は様々あります。

ヘアケア不足や、髪の毛の雑な扱い方、過剰な薬品の使用や、ヘアーサロンへのいき過ぎ、過労やストレスも大きな要因です。

更に、生活習慣病などによる不健康から来る事も原因の1つです。

これまで、ハゲと言えば遺伝が原因であると言うのが定番でしたが、研究の結果近年ではそればかりが原因ではないと判明しました。

そのハゲの主要な原因はAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。

この病気は老若男女問わずに襲いかかってきます。

AGA、男性型脱毛症は、男性ホルモンの過多や、分泌異常から起きます。

男性ホルモンが5aリダクターゼと言う体内の還元酵素と結合し、強力な脱毛作用を持ったジヒドロテストステロンを生成します。

このジヒドロテストステロンが育毛のサイクルを著しく乱し、脱毛のサイクルを早め、発毛のサイクルを遅れさせます。

すると、脱毛に発毛が追い付かなくなり、やがて薄毛になり、最終的には完全なハゲになるのです。

こうなってしまっては全く治療の希望がありません。

病気と同じく、ハゲも早期発見、早期治療が左右します。

髪の毛が残っている状態でしか、現代の医学や化学で治せないのです。

完全なハゲにまで進行すると、毛穴や毛根が死滅してしまっており、蘇る事はないのです。

育毛は発毛ではないので、丈夫な髪の毛を育て、血行促進をし、頭皮環境を整える事で髪の毛が増える事を受動的に待つものなのです。